乃木坂46公式ライバルグループ結成!中西アルノ移籍の噂とは?

サムネイル 坂道

秋元康さんプロデュースのAKB48。

AKB48は2005年に結成され、2010年頃に大ブレイクしたアイドルグループです。
「会いに行けるアイドル」をコンセプトにCDに握手券をつけたり人気総選挙をするなど、今までのアイドルの常識を覆す戦略が功を奏し、社会現象を巻き起こす国民的存在となりました。

そのAKB48の公式ライバルとして結成されたのが乃木坂46。

今でこそ人気メンバーやヒット曲を生み出している乃木坂46ですが、デビュー当時はAKB48の陰に隠れる存在でした。しかし、メンバー個々のモデル活動やドラマ出演などの活躍により徐々に知名度を上げていきます。
今ではAKB48を越える人気アイドルとして活躍していますよね。

そんな乃木坂46公式ライバルグループの結成が決定したことで、中西アルノさんが新しいグループに移籍する噂が浮上しました。
今回は、中西さんの移籍の噂についてご紹介します。

スポンサーリンク

乃木坂46公式ライバルとは?

2023年1月、乃木坂46の公式ライバルグループが結成される事が発表され、2023年2月1日からメンバー募集を開始する事が明らかになりました。

今回の企画は、株式会社レガリアスマネジメントが「がんばれ!ニッポンのアイドル!」プロジェクトの第1弾として全国規模の大型オーディションを開催します。この企画を盛り上げるべく、プロデューサーを秋元康さんが務める事が発表されました。企業側が秋元さんに依頼し実現したそうです。

全盛期より勢いが落ちてきてしまっているアイドル業界を再度盛り上げるべく、今回の企画が誕生しました。

特設サイトから応募できる他、TikTokからの投稿による公開スカウトなども実施されます。
時代に合わせたオーディション方法に注目ですね。

スポンサーリンク

中西アルノ新グループ移籍の噂とは?

2022年2月から乃木坂46の5期生として活躍する中西アルノさん。
5期生の中でも過去のパパ活疑惑や29枚目シングルでセンターを務めるなど、色んな意味で注目を集めていますよね。そんな中西さんは、「新グループに移籍するのではないか?」という噂があるのです。

2022年9月、秋元氏が次なるアイドルグループ「乃木坂46の公式ライバル」をプロデュースするという記事を文春オンラインが掲載しました。

さらに、「その新グループには中西さんも加入する予定」という内容だったのです。

この配信を見たファンからは、「アルノが移籍したら絶対泣く」「アルノは乃木坂46の次期エースで宝なのに」といった移籍に否定的な声があがる一方で、「乃木坂っぽくなかったから移籍には賛成」「いいんじゃない?移籍もありかも」といった移籍に賛成する声も多く寄せられました。

過去にスキャンダルで世間を騒がせた指原莉乃さんがHKT48に移籍しましたよね。
当時は左遷的な移籍のイメージが強かったのですが、グループを盛り上げ自身も総選挙で1位に輝くなど大ブレイクを果たしました。

また、インドネシアのJKT48(ジャカルタ)がデビューする時には、AKB48仲川遥香さんが移籍。
この活動をきっかけにインドネシアで人気を集め、現在は現地で売れっ子タレントとして活躍しています。

このように、新しいグループの知名度を上げ、新メンバーに刺激を与え引っ張っていく存在として既存メンバーを加入させることは珍しくありません。

そして、中西さんもスキャンダル自粛から復帰したものの、多少なりとも居心地の悪さは感じているはずです。
もしかしたら今回の中西さんの移籍の噂も前例のように新グループを勢いづけるための他、中西さんを違った環境でリスタートさせるためなのかもしれませんね。

秋元康が中西アルノを推す理由とは?

スキャンダルが出ていたのにも関わらず、2022年2月に加入してから過去最速で29枚目シングル「Actually…」noセンターに大抜擢されたことから、乃木坂46の古参ファンからは中西さんに対しての否定的な声は少なくありません。

秋元さんは「乃木坂っぽくない」とまで言われている中西さんをなぜ推しているのでしょうか。
その理由は3つあると言われています。

コネ

まず1つ目は、コネです。
実は中西さんの母親は、世田谷区議会議員の石川ナオミさんと大親友だそうで、オーディションの合格やセンター抜擢に有利に動いたのではないかと言われています。

この関係は、中西さんが乃木坂46オーディションに合格した際に石川議員が中西さんの母親と親しい関係である事を匂わせるツイートをつぶやいた事で明らかになりました。

現在、そのツイートは削除され確認することは出来ませんが、「むしろ石川さんの売名に使われたのでは?」と中西さんに同情する声も多くありました。

好み

2つ目の理由は、プロデューサー秋元康さんの好みです。
ファンやメンバーの間では秋元さんがショートカット好きなのは有名な話で、元AKB48総監督の高橋みなみさんは「AKB運営の偉い人にショートカット好きが異常に多い」と語っています。

番組で「10年間、秋元さんに聞きたかったことはありますか?」と尋ねられた際には、「ショートカット好きですよね?ってみんな思っていたと思う。ある時期に、たかみな髪切れる?と聞かれたことがあった。髪切ってたら何か違っていたのかな?」と当時の心境を語りました。

実際に秋元さんプロデュースのアイドルグループでセンターを務めた人は乃木坂46生駒里奈さんやAKB48前田敦子さん、HKT48宮脇咲良さん、欅坂46平手友梨奈さんなど、ショートカットの方が多いですよね。
これらの事から、秋元さんのショートカット好きは濃厚かもしれません。

平手友梨奈に似ている

3つ目は、欅坂46平手友梨奈さんに似ているからです。

「不動のセンター」と呼ばれ、欅坂46の顔として活動した平手さん。
アイドル時代の平手さんは、メンバーも認める程のパフォーマンス力と冠番組で見せる笑顔とのギャップでファンを虜にしました。笑顔を見せないアイドル、欅坂46の象徴とも言えるのではないでしょうか。

秋元さんは平手さんの目力を評価しており、中西さんに通ずるものがあるのかもしれません。

さらに平手さんと中西さんに共通している点、それは歌唱力です。
ある音楽番組で平手さんは有名歌手グループ、ゴスペラーズとデュエットした際、心に響く力強い歌声で視聴者を釘付けにしました。

一方で中西さんは、「新・乃木坂スター誕生」に出演した際、宇多田ヒカルさんの「First Love」を歌いました。聞くものを魅了する素敵な歌声に、共演者であるお笑い芸人オズワルトの伊藤さんは「いかついな~!」と驚いた様子で中西さんの歌声を褒め称えました。

同期メンバーの一ノ瀬美空さんは目に涙を浮かべ、「アルノの歌を聞いたら、いつも泣いちゃうんです。アルノが頑張ってきたのをいつも見てきたから」と同期の頑張る姿に胸を撃たれていました。中西さんは、ファンや秋元さんのみならず同期からも一目置かれる存在として注目されています。

このように、平手さんも中西さんもアーティスト感が強いため、いい意味で「アイドルっぽくない」のです。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、乃木坂46公式ライバル結成し、中西アルノさんが移籍する噂についてご紹介しました。

AKB48の公式ライバルとして誕生した乃木坂46が、今ではAKB48を越えトップアイドルに君臨し、ついには公式ライバルを誕生させる立場となるくらいに成長しました。
これもメンバー達の努力とファンの方の応援があってのことですね。

2021年には、「乃木坂に、越されました〜AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!〜」というAKB48の自虐とも思われる番組が放送され話題となりました。長年応援しているグループの勢いがなくなってしまうことは寂しい気持ちになってしまいますよね。

今後、新たに誕生する公式ライバルグループとどういった関係をみせてくれるのか、乃木坂46の今後にも注目ですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました