パク・シフは結婚して奥さんがいる?歴代彼女についても!

韓流

韓国イケメン俳優のパク・シフさんは、日本の韓流ファンの間でも塩顔で、切れ長の目が魅力的で人気がありますよね。

2022年5月現在で45才になったパク・シフさんは、結婚をされているのでしょうか。また、過去にはどんな方々と熱愛の噂があったのでしょうか。

今回はパク・シフさんは結婚しているのか、そして歴代彼女はどんな方々なのかについて調べていきたいと思います。では早速みていきましょう!

スポンサーリンク

パク・シフはどんな人?

2022年現在、40代半ばのパク・シフさんですが、とても40代には見えない若々しさも魅力的ですよね。

パク・シフさんの少年時代は、活発で外で遊ぶことが好きな子供でした。
大人になった今でもアクティブな性格で、スキューバダイビングやスノーボードが趣味だそうです。
イケメンで長身なパク・シフさんのスノーボード姿は、さぞカッコいいことでしょう。

モデルをしていたお父さんの影響で演劇の世界に入り、2005年「怪傑春香」でデビューしました。

パク・シフさんのルックスの良さは、お父さん譲りのものだったのですね。そして、2009年「家門の栄光」でのイ・ガンソク役の演技力が評価されるものの、「怪傑春香」でデビューしてから長い間無名時代が続きます。
そんなパク・シフさんに転機が訪れます。パク・シフはどんな人?引用元:https://haryu-korea.net/park-si-hoo

2010年に「検事プリンセス」でアメリカ帰りの弁護士、ソ・イヌ役を演じるとともに、ドラマ挿入歌「For YoU」は、パク・シフさんの切ない歌声が話題となりました。

「検事プリンス」をきっかけに、一気に知名度があがると、2011年「王女の男」では、復讐の鬼となるも正体を隠したまま惹かれあってしまうキム・スンユ役を演じ、「眼差し一つで全てを表現する」と言われる俳優に成長したのです。

誠実でまっすぐな性格のパク・シフさんは、撮影現場でも共演者の話を親身になって聞いてあげているようです。
周りからの信頼も厚そうですね。好きになってしまう女性も多くいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

パク・シフの歴代彼女は?

幅広い年代から人気もあるパク・シフさんですが、過去にはどんな方とお付き合いをしていたのか気になりますよね。早速調べてみました。

【一般女性】

パク・シフの歴代彼女は?

1人目は一般女性の方です。

2011年のインタビューでは「4年間付き合った彼女がいたが、わからない状態で自分が先にダッシュしすぎた」ということを語っていました。

ダッシュとはどういう事なのか、調べてみても詳細は分かりませんでした。おそらくデビューをしたパク・シフさんが忙しくて、終わりをむかえてしまったのかと思われます。

【キム・ソヨン】

お二人は2010年のドラマ「検事プリンセス」で共演し、熱愛の噂が立ちました。

どちらも熱愛を否定も肯定もしていませんが、デートをしている目撃情報や、お二人がプライベートで会っているなどの写真も撮られていません。

また、キム・ソヨンさんは、2017年にドラマで共演したイ・サンウさんと結婚していますので、共演者として仲が良く、噂になったのかもしれませんね。

【ムン・グニョン】

2012年にドラマ「清潭洞<チョンダムドン>アリス」で共演したムン・グニョンさんとも熱愛の噂がありました。

パク・シフさんはムン・グニョンさんの印象を「少女漫画から飛び出したような顔をしていて、撮影中もビックリした」と言い、ムン・グニョンさんはパク・シフさんのことを「はじめての共演で心配していたけれど、楽で感じが良い」と語っていました。

お互いに相手に対して好印象を持ったことや、美男美女でお似合いということから熱愛の噂が浮上したのかもしれませんね。

お二人から交際を否定するコメントなどはありませんでしたが、ムン・グニョンさんには長くお付き合いされている方がいたようなので、熱愛は噂止まりでした。

調べてみましたが、熱愛報道があったものの、確実な彼女と呼べる女性はデビュー前に4年間交際していた一般女性の方しか分かりませんでした。それでは一体どんな方がパク・シフさんの好きなタイプなのでしょうか。

パク・シフさんは、一目ぼれで惹かれる恋愛が理想だそうです。
なので、友達から発展してお付き合いをするよりも直観的な恋愛タイプのようですね。

理想のタイプは、第一印象が良い人で、年上より年下が好きだそうです。他にも、積極的な人で身長は重要ではないものの、可愛い人が好みのようです。

パク・シフは結婚しているの?

現在、彼女がいる噂がないパク・シフさんですが、結婚はしているのでしょうか?
結論からお伝えすると、現在結婚はしていません。

遅咲きのデビューなので、まずは仕事を充実させたいと思っているのかもしれません。
一度お付き合いをすると長く、デビュー前に結婚を考えていた女性もいたとインタビューで語っていたこともあるパク・シフさんは、一途な男性だということがわかります。

2015年のインタビューでは、「結婚をまだしていなくて、よくわからない。もし結婚したり、彼女が出来たら後悔なく、よくしてあげようと思っています。」と答えています。他にも「しばらくは仕事に専念しなければならない。38才くらいで結婚をしたい。その頃には素敵な女性と一緒になって子供も欲しい」と語っていました。

38才という年齢は過ぎてしまいましたが、結婚に対して前向きな気持もあるようですので、全く結婚をする意思がないわけではないようです。
50才前に電撃結婚もありえるかもしれませんね。

パク・シフの現在は?

俳優として順調だったパク・シフさんでしたが、2013年に女優志望の女性から性的暴行事件で告訴された事があります。

その内容は、後輩俳優と、後輩俳優の知人女性、そしてパク・シフさんの3人でお酒を飲んだあと、パク・シフさんの家に全員で移動して過ごしたそうです。
しかし翌日夜、女性が「パク・シフに性的暴行をうけた」と警察に訴えたのです。

貴公子のイメージが定着していたパク・シフさんにとって、この告訴は芸能活動に打撃をうけるとともに、ファンにも大きな衝撃が走りました。

パク・シフさんは、確かに関係があったものの、お互い好意を持ってのことだったと潔白を訴え、3ヶ月後に女性から告訴は取り下げられましたが、一時、韓国芸能界を自粛することになりました。
真実はわかりませんが、この事件は、パク・シフさんがはめられたのでは?とも言われる二つの噂があります。

ひとつ目は、「女性は女優志望だったため、売れっ子のパク・シフの名前を出した売名行為だったのではないか」という事。

いくらお酒が入っていたとはいえ、無理矢理ではなく、男性の家へ一緒に向かっていたのがそう言われる理由なのかもしれません。

もうひとつの噂は、以前所属していた事務所から独立したパク・シフさんを快く思っていない人が、ハメるためにハニートラップをしかけたのではないか、という事。

というのも、警察が調査をしていると、女性のカカオトークの履歴から「示談金として10億ウォン(8630万円)要求しろ。お金を取るか、パク・シフを墜落させろ。」という内容があり、それに対し女性は、「私が被害者という印象をあたえるため、演技力を発揮します!」と返信をしていたのです。

のちに女性が訴えを取り下げたことからも、パク・シフさんは被害にあったというのが有力説と言われています。
現在は事件から月日も経過し、パク・シフさんは徐々に韓国芸能界でも活躍しています。

2017年「黄金の私の人生」で主役のチェ・ドギョン役としてカムバックをするとそれを皮切りに、2018年「ラブリー・スター・・ラブリー」でユ・フィリップ役、2019年「バベル~愛と復讐の螺旋~」では、チャ・ウヒョク役で主演をはたしています。

そして2020年、パク・シフさん自身も最高の作品と公言している「風と雲と雨」でチェ・ジョンジュン役を演じました。
作品ごとに違う役柄を演じ切るパク・シフさん。これからもどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

まとめ

今回は韓国人気俳優パク・シフさんの奥さんの存在と歴代彼女についてやパク・シフさんはどんな人なのかをご紹介しました。

売れない時期を経てヒットドラマを連発し韓国国内だけではなく、アジアで認められるトップスターになったパク・シフさん。
暴行事件によるイメージダウンはありましたが、見事に復活しましたね。

これからも、年を重ねて大人の魅力を見せてくれるであろうパク・シフさんから目が離せません。

合わせて読みたい

BTSジンの彼女は一般人の誰?歴代彼女や好きな女性のタイプは?
世界的人気を誇るK-POPボーイズグループBTSの長男であるジンさんは、BTSのビジュアル担当とも言われており、高身長に端正な顔立ちの持ち主です。 大人気グループのメンバーであり、さらにビジュアルも良くてかっこいいジンさんですから、女...
BTSジョングクの歴代彼女まとめ!現在は彫り師イ・ミジュで匂わせも?
世界的大人気のアイドルグループBTS。 ジョングクさんはメインボーカル・リードダンサーで、多くのファンがいらっしゃいます。そんなBTSの顔とも言えるジョングクさんなので、どんな人が彼女なのか気になりますよね。ジョングクさんは、これまで...
【韓国芸能人】スピード結婚した韓流スター5選!
今年に入って韓国芸能界では、ビッグカップルが次々に結婚を発表していますね! また、長く交際している長寿カップルにも結婚の期待が高まっています。 結婚というと、ある程度の交際期間を経てお互いに決心してするものと思いがちですが、韓国芸能...

コメント

タイトルとURLをコピーしました